イップス


「イップス」

耳慣れない言葉かもしれませんが、

野球、ゴルフ、テニスなどのスポーツの世界では浸透しているそうです。

 

極度の緊張感や精神的なことが原因で筋肉が硬直し、

思い通りのプレーができなくなる運動障害のことだそうです。

 

わたしは自称スポーツマンなのですが、大概のスポーツは経験してきました。

(野球、サッカー、ゴルフ、テニス、スキー、卓球etc.

この中で、わたし自身が最もメンタル的に影響しやすいスポーツはテニスです。

 

今でも週2回、テニススクールに通っているのですが、

サーブとフォアが全く入らなくなることがあります。

過去にも同じような経験が何度もあるのですが、極度に緊張すると発症します。

 

元々緊張しやすい体質なので仕方が無いと半ば諦めていたのですが、

ネットで検索したところ、同じような症状で悩んでいる方が多くいることに驚きました。

そして、やり方によっては改善できたケースもあるようで、強い興味を持ちました。

 

 

「イップス」は誰でも発症する可能性を秘めています。

しかし、「イップス」になる人には幾つかの特徴があるようです。

「真面目。責任感が強い。心が優しい。」という性格の持ち主です。

 

自分がこれに完璧に当てはまるかというと非常におこがましい面もありますが、

たしかに上記のような一面を持ち合わせております。

(嫁から見れば全く別のことを言われそうですが・・・苦笑)

 

 

では、「イップス」が発症するメカニズムはどのようになっているのか?

 

 

まず、人間には意識しなくても自然に身体を動かせる状態があります。

これは潜在記憶(無意識の記憶)と呼ばれているそうです。

しかし、全てを無意識で行う状態は無く、何割か意識を使って補っています。

そして、「意識:無意識」比率のバランスが崩れると「イップス」を発症するようです。

 

具体的には、「意識:無意識」の比率は「1937」ぐらいが最適だそうです。

緊張により、意識の割合が多くなりすぎると、運動機能のバランスが崩れ、

思い通りのプレーができなくなるとのことです。

また、「イップス」になっている選手の筋肉を調べると、発症時は筋肉が収縮しているそうです。

 

わたしがよく感じる感覚は、「心と体が分離しているような感覚」です。

こうなってしまうと、短時間で修復することは難しくなります。

 

そんな中、いままでに効果のあった修復方法は、上手な人のプレーを見ることです。

むやみにボールを打つと考えすぎてしまうので、しばらく映像だけをみてイメトレをします。

そうすることで、多少なりとも効果はありました。

 

今思い返してみると、

この手法は、意識レベルを減らして無意識を増やす効果があったと思います。

(他にも素振りをひたすら繰り返すなどやりましたが、多少の効果がありました。)

 

 

しかし、このようなアプローチで一時的に回復しても、すぐに再発してしまいます。

一説によると、一流スポーツ選手が「イップス」を克服できずに辞めていくことも多いそうです。

自分は趣味のレベルなので、スポーツを辞めてもさほど問題はないのですが、

プロスポーツ選手がこの症状を克服できずに辞めていくことはさぞかし辛いことでしょう・・・

 

わたしが思うに、「イップス」を完全に克服することは難しいと思います。

それは、日本人のアスリートが本番に弱い人が多いということにも強く関係しています。

上述した「真面目。責任感が強い。心が優しい。」という特性は、日本人のメンタリティそのものです。

これはスポーツ以外の場面では非常に役に立つし、まさに日本人の強みです。

 

スポーツは、トップクラスになればなるほどメンタルが重要になります。

国民性で比較すると、ここ一番のメンタルの強さでは日本人は欧米人に適いません。

しかし、日頃からコツコツと物事を継続する地道な特性は、どこの国にも負けていないと思います。

 

 

「イップス」の話から少し逸れてしまいましたが、

要するに日本人が世界のひのき舞台に立つと、途端にいつもの能力を発揮できなくなるのは、

「イップス」と同じことだと感じているのです。

 

ただし、スポーツの種類によってはそれ程メンタルが関係ない競技もあります。

それはチームワークを重視する団体競技です。

むしろ団体競技は日本人の特性に適していると思います。

もうすぐ始まるワールドカップ(サッカー)も例外ではありません。

 

 

是非、ザックジャパンには「大和魂」を見せて頂きたいものです。

 

頑張れニッポン!!

 

 

P.S.

ちなみに、わたしは「イップス」の克服を諦めません。