美容領域に特化、業界に精通した専任エージェントが転職を徹底サポート

医師の求人・転職募集情報はJMCの転職支援サービスへ

転職のご相談・求人情報のお問い合わせ: フリーダイヤル0120-940-196 受付時間:平日/10:00~18:00

美容外科・美容皮膚科など、自費診療を中心とした美容医療への転職ノウハウ JMC美容専科 美容領域に特化、業界に精通した専任エージェントが転職を徹底サポート

選りすぐりの求人と長い経験で培った転職ノウハウ。
業界内での転職も、他科からの転科の方も、ご安心してお任せください。

美容医療の現状と将来性

美容医療の現状と将来性

美容医療の市場規模は一般に約2,000億円と推測されています。一方でエステ市場は約4,000億円の市場規模と言われているのですが、最近では脱毛においてエステから医療にシフトしているため拡がりを見せています。

さらに国内に約100,000件あるといわれているクリニック(診療所)のうち、美容クリニックが占める割合は約2,200件、全体の2.2%にです。 その中で、従来の美容外科や美容皮膚科に加え再生医療、AGA、脱毛、など特化した分野まで美容の様々なニーズと診療のすそ野が拡大傾向にあります。 女性主導であった美容も男性にも拡がりをみせ、男性を対象とした美容クリニックも拡大傾向です。

また、市場の傾向も従来のアンチエイジングからウェルエイジングに幅の拡がりをみせ、美容内の領域も多種多様になっていますが、ここ数年、大きな侵襲を伴う外科的手術が減少しています。 皮膚科施術は増加している一方で、従来の皮膚科も美容を取り入れるなど、新たな動きも現れてきています。 特に再生医療の領域は自費の業界のみではなく、社会的な関心を集めています。 大手美容系医療機関も再生医療の領域に手を出してきていますので、一層の拡大していくのではないかと考えられています。

これからも、保険診療の混乱と自費系(主に美容)市場の拡大傾向は続くと予想されますが、同時に競争も激化することも予想されます。 医療機関が提供するコンテンツはもちろん、ドクター自身の差別化が将来的な課題になると言えそうです。

美容医療のカテゴリー

美容医療は比較的新しい分野の医療です。

「美容外科」の標ぼうが認められたのは40年前ですが、「美容皮膚科」に至っては10年の歴史という浅さがあります。最近では自由診療でのカテゴリーの拡がりが顕著です。

美容外科
代表的な治療
脂肪吸引、豊胸、フェイスリフト 骨切り、ワキガ、女性器形成術 等
大手クリニックに集約されていく傾向
美容皮膚科
代表的な治療
レーザー治療、痩身、注入、スキンケア、脱毛 等
低侵襲が主流になり増加傾向
その他自費診療
代表的な治療
AGA、植毛、再生医療、不妊治療 等
専門性が高く参入は少ない

美容のドクターに求められるもの

美容のドクターに求められるもの

美容医療は疾病を対象とするものではなく、健常者を対象としています。「プチ整形」に代表されるように、国民の理解度や関心が高まり、ゲスト(患者さま)の知識も高まっています。

美容のドクターとして診察をするにあたり、まずはコミュニケーション能力が求められます。施術、手術の腕も大切ですが、サービス業の色合いが高いため、カウンセリングをはじめとする丁寧な接遇がなによりも必要です。

ここがポイント!

  1. 疾病を治す医療から、健常者の満足を満たす医療に。
  2. 保険点数やフリーアクセスなどがなく自由競争である。 
  3. 診療とビジネス観などのバランス感覚が必要である。

クリニックが必要と考えるスキル

クリニックが必要と考えるスキル

まず求められているのは、むしろヒューマンスキルなど診療とは直接関係ないことが多く列挙されています。意外かもしれませんが、実にシンプルなことが求められています。一般的な、身だしなみなどの基本的な部分からコミュニケーション能力のような、社会人としての振る舞いを求められます。

ゲスト(患者様)に対するコミュニケーションはもちろん、院内スタッフをドクターの支援者ととらえしっかりと配慮できる姿勢を持ち信頼関係を気付けるようなコミュニケーションスキルも必要です。

もちろん、ドクターとしての技量が求められていないということではありませんが、いくら腕がたっても挨拶ができなかったり傲慢だったりという方は敬遠される傾向です。

美容業界に入ったらどのようなキャリアプランがあるのか

ドクターの転科事情

国民の美容に対する見方も変わりつつあり、ニーズや診察が拡大しています。それに伴い、ドクターの転職・転科の動向も大きく変わりつつあります。

過去には形成外科、皮膚科など比較的美容に近い科目からの転科が目立ちましたが、ここ数年は内科、精神科などメスを持たない科目からの転科も増えています。これは美容皮膚科の施術に代表されるレーザー、注入といった非侵襲の治療等により、技術的な参入障壁が下がったものと推測されます。今後も非侵襲の流れは進み、医療機器の進歩も加わり顕著な形になりそうです。

また、臨床研修修了後に美容に進むドクターも散見され、ドクターの中でもニーズの広がりを感じます。 こちらは確実に増えており、早いドクターですと臨床研修1年目から見学を行うケースもあります。事実、最短距離で美容マスターを狙っている実例も増えています。過去には、医局に進み後期研修を経て、形成外科などの専門医を取得してから美容に転科するケースが主流でしたが前述の動きもありキャリアを前倒しての転科もあります。

転科の事由として、元々美容に関心がある、という個人的動機も大きな要因ですが、新専門医制度、保険診療での制度や勤務の限界を感じるなど、外的要因も根強く存在しています。

美容業界の給与状況

年俸には、クリニック(医療法人)の考え方があるため、年俸(年収)の高低で安易な判断は避けるべきです。 「年俸のみ」もあれば、「年俸+インセンティブ」「日給・年収」など様々なケースもあるため、給与条件の仕組みをエージェントから聞き、理解しておく必要性もあります。

美容業界の給与状況

研修について

美容クリニックの求人で、給与に次いで質問が多いのは研修体制です。病院と異なり、美容のクリニックでは臨床研修医を受入れるような人的リソースがなく、研修といっても、院長によるOJTが主流といえるかもしれません。非常勤よりも常勤のほうが、稼働日数や外来数が多く研修や実務に際してもメリットが多いため、完全に転科する際は研修を受けられる環境を選択することをお勧めいたします。

実際に求人を見てみましょう

美容医療のクリニックは全国で約2,000件あります。市場規模は大体2,000億円程度と言われているのですが、今後発展が見込まれている業界です。美容は自費診療ですので、提供するサービスや患者さんとの接し方が保健医療機関と大きく違ってきます。

実際に求人を見てみましょう

勤務地域から医師転職求人を探す

科目から医師転職求人を探す

医師アルバイト情報をお探しの方

ページトップ