シェアリング

 

share1.jpg

 

最近は「持たざるライフスタイル」が流行っています。

少ししか使わない物を大人数でシェアし、1人当たりの負担を減らすという理に叶った手法ですが、

このようなやり方が増えてくると、日本経済が萎縮してしまいそうで心配です。

上記のような手法を「シェアリング」といい、

「ワークシェアリング」「ルームシェアリング」「カーシェアリング」などが代表的ですが、

車好きなわたしにとって「カーシェアリング」なんて有り得ない話なのですが、どうやら今の時代は違うようです・・・

本来、富が十分にあれば、シェアリングする必要はない訳ですから、

シェアリングが流行りだしたということは、社会的富の分極化が進んでいることの裏返しだと言えます。

小泉改革以来、日本は中流階級が減り、少数の上流階級と多数の下流階級に分かれつつあります。

もちろん、「シェアリング」を必要とするのは多数の下流階級です。

逆に上流階級は1人で沢山の富を所有します。

大きな豪邸に住み、別荘を持ち、高級車を何台も所有し、場合によっては妻も複数なんてことも・・・

「一夫多妻制」は国によっては法律で許されていますから、非常に興味深いです。

経済的に自立できないことが理由で、晩婚化が進んでいるとか、少子化だと言われていますが、

「一夫多妻制」を認めたら、多少は少子化対策になるのではないでしょうか?

富を持つ男性は一握りなのですから、その人が多くの女性を養えばいいのです。

これは女性にもメリットがあるはずです。

なぜなら、元々諦めていた既婚のモテル男性にアタックすることができます。

また、男性がお金持ちであれば、妻が複数いたとしても経済的に困ることはありません。

さらに、結婚はあまりしたくないが、子供は欲しいという女性にとっても渡りに船の施策です。

しかし、これを認めてしまうと、世の中の一般男性陣(わたしも含まれます)が余ってしまいます。

その解決策として、「一夫多妻制」の逆バージョン「一妻多夫制」OKにしたらどうでしょう。

実は、今の世の中に必要なのは、こちらの制度かもしれません。

これが可能になれば、甲斐性の無い男性陣は、1人の女性と結婚生活を営むことになります。

いくら給与が少なくても、さすがに3人で1人を養うことはできると思います。

そして、今流行の草食系男子は、独占欲も強くないでしょうから、ちょうど良いかもしれません。

これは何シェアリングというのでしょうか?

一夫多妻制は「ハズバンドシェアリング」で、一妻多夫制は「ワイフシェアリング」???

なにやらいやらしい響きです。。。

最後に、全然関係ない話ですが、

元自衛隊航空幕僚長の「田母神俊雄」は核兵器の共有、「ニュークリアシェアリング」を提言していました。

やっぱり時代は「シェアリング」なのですね。

 

 

tamo.bmp