業界用語

同じ職業の仲間内で用いられ、一般では通じない単語や言葉を「業界用語」と言います。

医療業界においては、この業界用語が非常に多いと感じています。

そもそも医学はドイツが先進国であったために、ドイツ語起源のものが多いですね。

わたし自身、当初は「ヘモ」の意味も全く分からず、「ヘモグロビン?」と思ってましたし、

「カイザー」「開山?」だと思っていました。

わたしの知り合いはもっとひどく、「MR」のことを「エマール」(洗剤)だと思ってました(笑)

また、医療業界では「MR」のことを「プロパー」という人もいますが、

一般業界においては「生え抜き社員」のことを意味しているので、正直ややこしいです。

これらの単語は先生とお話ししたり、同僚に聞いたり、医療小説を読むことで、

なんとなく覚えてきましたが、今でも分からないことだらけです。

先日も先生から「僕はCVのスキルを身に付けたい」とお聞きしたのですが、

その場では意味が分からず、なんとなく相槌を打っていましたが、

単語の意味が分からないと会話が通じないので、今後はその場で聞こうと思います。

わたしは以前、製造業に勤務していた経験があるのですが、

特に工場においては独特な用語が飛び交っていました。

まず、入社してすぐに覚えさせられたのは、5Sという言葉。

いまでは結構一般的になっていると思いますが、完全に答えられる人は少ないでしょう。

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾(しつけ)」5つの頭文字で「5S」です。

また、KYといえば一般的には「空気読めない」ですが、工場では「危険予知」です。

「危険予知活動」KYKといって、張り紙に書かれていました。

(けっして「トンカツ屋」の名前ではありません)

他には、短時間機械が停止することを「チョコ停」といいました。

(ちょこっと停止を略しただけです)

これの対義語が「ドカ停」(どかっと停止)です。

オヤジギャグのような単語ですが、これが製造業界では共通用語なのです。

工場であれば、大体どこに行っても通じるから面白いものです。

しかしなんといっても、最も代表的な言葉は「ヒヤリ・ハット」です。

「ヒヤリ・ハット」とは、一瞬ヒヤッとしてハッとするような小さな事故のことです。

しかし、これを馬鹿にしてはいけません。

結果として事故に至らなかった小さな事故でも、それが重なるといつか大きな事故が起こるため、

「ヒヤリ・ハット」の事例を集めることで、重大な事故を予防できます。

そのため、作業現場などで各個人が経験した「ヒヤリ・ハット」の情報を共有することが、

工場におけるルーチンワークとなっています。

実は、このルーチンワークの根拠になっている法則は「ハインリッヒの法則」です。

この法則は「重大事故の陰に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在する」というもので、

統計学的にも実証されており、医療事故の防止にも役立てられています。

「ゴキブリ1匹いたら100匹いる」みたいなニュアンスに近いと思います。

何事も諸悪の根源を絶たないとダメだということです。

日頃から、些細なことにも気を付けるようにしましょう!

 

 

hiyari.bmp