非グルメシリーズ 「コメダ珈琲店」

kmeda1.jpg

 

名古屋では言わずと知れた「コメダ珈琲店」ですが、

関東や関西ではご存じない方も多いのではないでしょうか?

 

コメダは1968年に1軒の喫茶店から開始し、1970年にフランチャイズ1号店を開店しました。

国内におけるカフェの歴史としては、今流行のスタバやタリーズやドトールなんかよりも古いのです。

 

当初は名古屋を中心とした中部地区でのみ展開されていたため、全国的な知名度は高くありせん。

しかし現在では、神奈川大阪にも出店しており、徐々に勢力を拡大しているところです。

(現時点で全国約370店舗あります)

 

名古屋においては断トツの人気を誇るコメダ珈琲なのですが、

その人気の秘密がなんなのか? 

どうでもいいことなのですが、名古屋出身のわたくしが説明いたします。

(本日はユルイです)

 

まず、駐車場が広い!!

 

komeda5.jpg 

 

名古屋は車文化なので、駐車場がない店舗にはお客様が入りません。

ちなみに、関東地区の荏田や町田に出店されたお店も、駐車場は異常に広いです。

 

次に、居心地がよく長居できる

 

komeda4.jpg

 

建物はログハウス風で天井が高いお店が多く、

ソファーはエンジ色のビロードで、昭和の香りがします。

要するに、気取っていないところが落ち着くのです。

 

三つ目は、メニューが豊富!

 

komeda2.jpg

 

コメダはもちろんコーヒーがメインなのですが、その他にも様々なメニューがあります。

飲み物は、コーヒーシェイクやミックスジュースなど、子供や女性にウケるものもあり、

が変わっていることが特徴です。

 

komeda3.jpg

 

また、シロノワールというメニューは、パンケーキの上にソフトクリームが乗っているという、

名古屋ならではのMix商品です。

しかも、パンケーキが温かいので、油断をしているとソフトクリームがすぐに溶けます。

 

 

とまあ、特徴を挙げたらキリがないのですが、実はこの会社に目を付けた投資会社がありました。

 

あの有名な投資会社、「アドバンテッジ パートナーズ」です。

オーナー側の事業拡大意向により、20084月にアドバンテッジ パートナーズへ事業継承されたのです。

また、同時に「ポッカコーポレーション」12%出資しました。

 ※厳密にはコメダグループの株式を譲り受けた株式会社AP11に出資した。

 

ポッカコーポレーションはこの出資により、「国内のカフェ事業を強化」する方針らしい。

 

コメダはあくまでも喫茶店だと思うのですが、お洒落なカフェ事業とのシナジー効果はあるのでしょうか?

わたしとしては、いままで通りホッとする「喫茶店」であって欲しいと願っています。

 

 

komeda6.jpg