いぬいしんいちろう

 

皆様、「いぬいしんいちろう」なる人物をご存知ですか?

本日のGoogle検索TOP10に入るほどの有名人です。

 

 

漢字は「乾坤一擲」です。

 

 

ん?

これは「けんこんいってき」ではないのか??

 

 

そうです。

「いぬいしんいちろう」は読み間違えで、本当は四字熟語なのです。

「時任三郎」(ときとうさぶろう)を「ときにんざぶろう」と読むようなものです(笑)

 

 

野田首相が5月28日の内閣記者会とのインタビューで、

民主党の小沢一郎元代表と30日に行う会談を「乾坤一擲」(けんこんいってき)と表現したため、

検索数が大幅にUPしました。

 

 

意味は、「天下をかけた大博打のこと。運命をかけてのるかそるかの大勝負をすることです。」

 

 

大博打で消費税を10%に上げられたら、たまったもんじゃありません。

野田首相は財務省の傀儡だと言われていますが、もう少し国民の方を向いて政治をして欲しいものです。

消費税をいずれ上げなければならないのは致し方ないかもしれませんが、

わたしとしては今の政府や行政の仕組みにお金を預けたくありません。

 

公務員給与の削減、議員歳費の削減、国民年金納付率UP、医療費の削減などなど、

消費税UPの前にやるべきことはいくらでもあります。

身を切る改革ができないのであれば、既存政党にはお引き取り願いたいものです。

 

 

それにしても、一国の首相が一兵卒相手に「乾坤一擲」とか「一期一会」とか、

言っていること自体がおかしいと思います。

もっとリーダーシップを発揮できないものでしょうか??

 

 

ちなみに、「一期一会」の読みは「フォレストガンプ」ではありません。