医療用計算アプリはもちろんあります。

iPhoneが発売される以前にも、医療用計算ソフトは存在していました.

PCが存在していたので、当たり前の事でしょう.

例えば、MedCalcをお使いになられている方は多いでしょう。

バージョンアップのたびに,少しずつ式が増え,現在は約80の医療計算ができるフリーソフトです.

内容は非常に多岐にわたっています.A-aO2分圧格差やAnion gap,小児外傷スコア,熱傷時輸液量といった救急で便利な式から,心拍出量や血管抵抗などの循環器関連,麻酔のスコア,代謝系,電解質補正,小児科,呼吸器,腎機能まで.

MedCalcに似た医療計算ソフトは,他にMedMathや,Archimedesなどあるようですが、ほぼほぼPC環境が実現している場所でしか活用はできませんでした.

ですが、iPhone発売当初より、医療用計算ソフトの開発はスマートフォンでの活用を視野に入れた動きをしています.

スマートフォンのように、

・ロケーションフリー

・ストレスの少ない操作性

・持ち運びしやすい携帯端末

・日常に密着した利用用途

・PC環境を装備

を持つ端末に、「医療用計算アプリ」が入り込む価値は十分にあります。

・いつでもどこでも

・ストレスなく

・手軽に

アプリを利用する事ができ、これは時間短縮という労働効率をあげる要素になります。

どんなアプリエーションがあるのかが、気になるところです。

医療用計算アプリの中で、最も売れているアプリが、



Mediquations Medical Calculator

こちらをご紹介したいと思います。

ざっと、228の計算カテゴリーがあります。

これだけの計算項目を持っていながら、価格は600円(初回インストール時のみ)!

iPhoneもちろんiPadならではの十分な操作性は評価されています。

228のカテゴリーの中身はこちらです。

http://www.mediquations.com/iPhone_iPodTouch_iPad/equations.html

iPad/iPhoneの中身をご覧になりたい方はこちらをご参照ください。

http://www.mediquations.com/iPhone_iPodTouch_iPad/equations.html