かゆいところにてがとどく

 

先日携帯ショップに行きまして私が使用しているガラケーの電池交換をしようとしました。しかし機種が古すぎて店員さんも良く分かりません。さんざん待たされた挙句に「在庫がない」と追い返されてしまい、20年続けたドコモユーザーをやめようかと思いました。
携帯ビジネスというのは新規の顧客獲得に重きを置いているのか、現在のユーザーをおろそかにしていると感じることが少なくないですよね。
長く使っている特典より乗り換え得点の方が大きいですし。
そこに乗っかるのも嫌なので、猛スピードで減っていく電池と格闘しながらドコモのガラケーを使い続けています。

ただ、既存顧客へのこのサービスの悪さは同じサービス業に携わるものとしてもう少しどうにかならないものかと思ってしまいます。
我々のような、医師というそもそも限られた数の方々にサービスを提供する場合は、いかにかゆいところに手が届くかということを意識します。
特に転職支援・医師の求人提供、といった非常にデリケートなサービスを扱っていますので良く話を聞き、行間を読み、出来るだけ優れた医師のエージェントであろうと心がけます。

日本の携帯契約数は1億6000万件を超えるそうです。人口よりも多いんですね。
そんな数を相手にきめ細やかなサービスなんてやっていられない、という考えもわかりますが、森ばかり見て木を見ない、それが個人に伝わってしまうというのは良くないのではないかと思います。

 

携帯キャリアの文句ばかりいってもしょうがないので、アプリ紹介です。

上で、かゆいところに手が届く、という表現をしましたが、今回はそんなアプリです。

 

皆さんは歌が思い出せなくてモジモジしてしまうことってありませんか?
私はあります。
そんな時に便利なこのアプリ。音楽認識のShazamです。

Shazam
Googleplay
applestore

 

このアプリを起動して覚えている一部などを吹き込んであげると、それはこの歌ですよ!と教えてくれます。
ご丁寧に、この曲を買いませんか?という案内までしてくれます(笑)。

試しに私はマクドナルドでこのアプリを起動させてみました。
その時はピンクレディーの「UFO」が流れていたのですが、このアプリが教えてくれたのはUFOはUFOでも違うグループがカバーしたUFOでした。

 

 

導入部分がピンクレディーのものと違うのでしょうが、回りが決して静かではない環境でこの違いを聞き取るとは驚きです。
まさに、かゆいところに手が届く、アプリだと思いました。

是非試してみてください。

ところで、今更ですが「かゆいところに手が届く」と普通に何度も使っていますがもちろんこれは比喩です。
実際にこのアプリを使ったり、JMCの医師転職支援サービスを使うことで現実の痒みが収まるわけではありません。

ブログを書きながらこの表現を使っているうちに、本当に使い方などあっているのか、と心配になってきました。
「確信犯」など誤用が正用になっている表現ならともかく、無知をさらけだしているようだと恥ずかしいのでウェブ辞典で調べてみました。

 

大辞林 第三版より
かゆいところにてがとどく【痒い所に手が届く】

細かな点まで気が付いて配慮が行き届く。

 

曲名判定アプリはUFOの細かな導入部の違いを聞き分けました。その上、購入まで薦めてくれるという配慮ぶりです。
これはかゆいところに手が届いていると言ってよさそうです。

弊社の転職エージェントも業界内で細かな点まで気が付くということは有名です。医師求人ならJMC、と医療機関の方にはよく言っていただきます。
もちろん、その上で求職者にも求人元にも配慮を忘れません。
これも、かゆいところに手が届いている、と言えそうです。

 

今回のブログでこの表現を使うことは間違っていなかったようです。
ほっと胸をなでおろしたところで失礼させていただきます。

2016 オリンピック閉会~リオデジャネイロ

リオオリンピック2016が終わってしまいました。
約20日間、各競技で国を背負った熱い戦いが繰り広げられ、寝不足の方も多いのではないでしょうか。

私はNHKのリオオリンピックアプリをダウンロードして日程や結果をチェックしていました。
テレビでは各局が色々な協議を放送しているので、全体的な内容を把握しづらかったので、アプリが非常に役立ちました。
こういうビッグイベントになると、都度都度で専用のアプリをどこかしらが作ってくれて、しかも無料で利用することができるので非常に助かりますよね。

近々、テニスのグランドスラム「全米オープン」がありますが、きっとこの大会用アプリも配布されるはずです。
ダウンロードして錦織選手を応援したいと思っています。

治安が不安視されて始まったリオオリンピックですが、日本は金メダル12個・銀メダル8個・銅メダル21個の計41個と過去最高のメダル数を記録しました。
ちなみに1位は金46・銀37・銅38の121個でアメリカです。総数2位の中国が70個なので、アメリカの強さが抜けてますね。
参加が危ぶまれたロシアは金19・銀18・銅19で56個でした。ほんと参加できてよかったですね。

閉会式では安倍首相がスーパーマリオのマリオに扮してドカンから登場しました。

images20160822appli
マリオというよりはローマ法王のコスプレかなと思ってしまいましたが、それはおいておいて、ドラえもんの助けで東京から土管でリオに直行する安倍首相という演出でした。せっかくならルイージと一緒にクッパを倒す寸劇、くらいの演出は見たかったですが東京オリンピックの開会式に期待したいです。

今回のオリンピックは日系人が多いブラジルでの開催であったため、ブラジルの病院から日本語が話せる医師や看護師が派遣された、ということがあったようです。

日本からも恐らく医師が同行したりしていると思いますが、スポーツに限らずこのようなイベント系の医師求人は仕事も楽で手当も良いというのが相場です。
もちろんオリンピックのような規模になると、何日も拘束されますし、楽だというようなことは決してないとは思います。手当も恐らくボランティアに近いものだと思いますし、参加することに意義がある的なものでしょう。

以前はこういうイベント系の求人も紹介会社に入ってきていたのですが、最近では見なくなりましたね。スポット求人を扱う業者が減ってきたので、取扱業者が偏っているということもあるかもしれません。
JMCでもスポットの取り扱いはなく、非常勤は定期の医師非常勤求人限定となっております・・・

さて、オリンピックは終了しましたが、9月の7日からはパラリンピックが始まります。
残念ながらNHKのオリンピックアプリではパラリンピックの情報を引き続いて見ることは出来なさそうなのですが、車いすテニスなど日本人選手の活躍が予想される競技もたくさんあります。

パラリンピックの方が医師が活躍する場面が多そうですね。
もし、帯同したことがある、などという方がいらっしゃって、JMCとご縁を持つ機会がありましたら是非その時のことを教えていただきたいと思います。

スマートフォン10年

スマートフォンが登場してからもうすぐ10年になろうとしています。
歩きスマホやスマホ肩など社会問題にもなるデメリットがある中、我々の生活の中で欠かせないものとしての地位を確立しています。
スティーブジョブズではないですが、世界を変えた、と言っても過言ではないでしょう。

 

JMCが運営するウェブサイトでも徐々にパソコン以外のデバイスによるアクセスがシェアを取ってきています。
2年前はパソコンからのアクセスが85%以上だったのですが、ここ1年は80%を切ってきています。

弊社は医師のみを対象にしているためこれくらいの割合になっていますが、同じ医療業界でも看護師や薬剤師などはもっとスマートフォンからのアクセスに偏ると思います。

ただ、やはりスマートフォンの小さな画面では(日々進化して、大きく・見やすくなっているとはいえ)、たくさんの情報を得るまでには目も頭も疲れてしまいます。
我々のような医師の転職支援・求人紹介のサイトでは、情報が大きなウリとなっているので内容を削るわけにもいかず、スマートフォンようにウェブサイトを整備することはなかなか骨が折れます。

情報を閲覧するのもそうですが、入力する作業もスマートフォンではなかなか骨です。
JMCのサイトでも、出来るだけ入力しやすいような配置や工夫をスマートフォン用サイトに施してはいるのですが、それでもやはりパソコンに比べると利便性は劣ります。
コチラのような入力個所を極力減らし、フリースペースのみ、のようなページをスマートフォン専用にした方が良いのかもしれません。
匿名問い合わせページ→医師の転職相談

 

すっかり生活に定着したスマートフォン、これがない生活はもう考えられません。
ビジネスにおける宣伝や広告もウェブを抜きにしては語ることはできませんし、最近では選挙活動にも大きな影響を与えるといったことがしきりに言われています。
しかし、便利な電脳世界はあくまで便利なツールでしかなく、もちろん現実そのものではありません。
その限界をはき違えて、過分な期待をしたり誤った使い方をしたりしないよう気をつけなくてはいけません。
私たちもウェブ広告を通して、より多くの医師の方々にJMCを知っていただく機会を得ています。
使い勝手も非常に良く規制も少ないため、医師の転職業界でも利用していない会社はかなり少ないでしょう。
その分、行き過ぎた内容の広告や明らかに嘘くさい内容の広告も、同業界で散見されます。
少し考えれば、広告の先にはそれを見る医師がいて、その内容に賛同いただいたから登録などのアクションをいただけるのです。

「とりあえず見られればいい」「クリックされればいい」なんていう広告を許す会社は、そんな簡単な想像力もないのに医師の転職支援などできるはずもありません。

 

これから世の中は一層便利に、色々なことが簡単にできるようになっていくはずですが、
足元を見つめ続けることを忘れず仕事をしていきたいと考えています。