「いいとこどり」と「どっちつかず」

 

先日、家でカレーと牛丼を作りました。
作りながら、そういえば昔松屋という牛丼チェーン店でよく「カレギュウ」というメニューを好き好んで頼んでいたことを思い出しました。

「カレーか牛丼かモーまよわない」という緩いキャッチコピーにひかれて食べたのがきっかけで、カレーと牛丼の具にライスが挟まっているもので、別々に食べても一緒に食べてもうまい、という当時の松屋の2大人気メニューを一皿で味わえるとても欲張りなメニューでした。
学生の時分にはその金額もうれしく、またそれ以上に「二兎を追う者は一兎をも得ず」という格言を真っ向から鮮やかに切って捨てるこのメニューに飲食店としての哲学を感じたものです。。
※現在でもカレギュウというメニューはありますが、私がよく食べていた時とは少し趣がかわっていて、なんとカレーが別さらになっています。牛丼も「プレミアム牛丼」となっていますし、松屋はグレードアップしてセレブのお店になったようです。
https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/curry/cry_ori_gyu_p_170307.html

 

さてこのようないわゆる「いいとこどり」は何も松屋の専売特許ではありません。
商売をする上で甘口な言葉で人の興味を誘うということはどの業界でも行われています(カレーか牛丼かモーまよわない、が甘い言葉かどうかは置いておいて)。

 

我々、医師の転職支援会社が跋扈する医師の転職市場でも医師の先生方に興味を持ってもらえるよう色々な工夫をこらして医師求人をアピールしています。
例えば、昔から高い人気を誇る求人カテゴリとしては「高額×ゆったり」というものがあります。
勤務の忙しさとその対価として給与は比例することが多いです。病棟の患者さんを人より多く見る、当直にたくさん入る、外来を数多くこなす、などを許容すればその分給与として見返りが得られます。
反対に、残業もなく日中の勤務も穏やかで休みも多い、このような職場は給与もそれなりです。
その通説を覆すことで市民権を得たのが「高額×ゆったり」という求人カテゴリです。

相反するようにみえるこの2つのものですが、医師求人というカテゴリではそんなに珍しいものではありません。
急募求人であったり、交通の便が悪い医療機関の求人であったり、色々な要素が「高額×ゆったり」という求人を実現させています。
医師の転職市場の特殊性、偏在がなせる業です。

 

上記は一例ですが、医師の紹介会社は様々な視点からその求人にプレミアム感をのせようとします。
しかし、そのようなプレミアム求人が本当に全ていいとこどりを実現できているかどうかですが、残念ながらそうでないケースもあります。
いいとこどり、どころかどっちつかずのような求人だとかえって後から苦労するということも・・・

 

JMCの医師求人はスキルフルな医師に満足いただけるような求人、高額求人に特に強いと言われています。
しかし、実は「ゆったり勤務」という概念を多用するようにしたのはJMCなのです。
相反するような2つの条件をいいとこどりにした案件を提供するには、その条件のどちら側にも精通していることが必要です。
そしてそれを適正に扱う・提供するには医師の転職ということを業としている者の哲学が必要なのです。
それが無ければ、正に入職後に苦労が待っている「どっちつかず案件」になってしまうのです。

 

中途半端な見識で、いい加減に求人のいいところをアピールしたところで絵にかいたカレギュウです。
カレーもうまい・牛丼もうまい、という松屋のバックボーンがあったからこそカレギュウは「モーまよわない」メニューだといえるのです。
カレーをかけてしまえば牛丼の具もカレーの具になるだろう、といった乱暴な思想のものでは真の「カレギュウ」は作れないのです。

 

手前味噌ですが、JMCのエージェントは科目や属性の得意・不得意である程度専門分化されています。業界経験も豊富なエージェントが多く、他社に行けばマネージャークラスがゴロゴロ在籍しています。
JMCへご登録いただければ、先生のご希望を叶えるために最適なエージェントが担当させていただきます。
どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。